JTが終わりました。(+全国大会のこと)

こんにちは。どうやら3ヶ月ぶりらしいです。この間にもちょくちょく大会出てたはずなんですけど、書くのがめんどくさくて放置してしまいました。ちょっと前にラウワンで勝ったときに書こうかと思ったんですがツイッターで簡単に振り返ってそれで終わらせてしまいましたしね。 

f:id:sayayuri:20191231214023j:image

というわけで、ツイッターでみんなやってるので僕も今作(軌跡の交叉)の大会参加を振り返ります。

f:id:sayayuri:20191231202855j:imagef:id:sayayuri:20191231202758j:image

前作と比べるとよくわかるけど参加回数減りました。また前作との違いは全国大会で入賞できたことですかね。青枠、赤枠は取れなかったけどこっちの称号取れたのは良かったです。

参加回数は減りましたが、まあ参加すればするほどいいってわけでもないし、次回作も気ままに参加できればと思います。

 

振り返り終わり。ここからはこの前の全国大会の話しします。こんなにやりこんだのは初めてだったので普通の人はこんなの書かないだろうけど、日記的に今回のことを書いてみます。日記みたいな感じなので(?)多少言葉遣い荒いかもしれませんのでそういうの苦手な人は読まないでくださいな。

 

もともと全国はやる気なかったんですが初日の金曜日、コナステで1クレだけやったら望外の点数を出してしまい、これはもしや称号狙えるのでは?とか思い、初めて本気で称号を狙うことを決めました。

f:id:sayayuri:20191231204258j:image

実は第一回のときも少しやったんですがすぐにやめてしまいました。第一回のときにやろうと思った理由の一番大きなものは、しゃろさんという方の影響です(勝手に名前出してますが、これを読むことはないので大丈夫なはず…)。

この方、FF内でほとんど絡みはないんですが、僕より若くて多分このゲームを始めたのも僕より遅い(?)、期待の若きプレイヤーさんです。そして第一回の全国大会で見事賢豪を獲得されました。個人的にはなんで始めたのも僕より遅いし、そんな若いのに賢豪とれるんや!と、半分嫉妬、半分羨望の眼差しで見てました。

しゃろさんは早いうちからランキングに名前が載っていて終了まで100位以内を守っておられました。僕はこの人には勝ちたい!と思い当初全国を回してましたがしゃろさんの点数の伸びが凄まじくとても追いつけないと察し諦めてしまいました。

そして今回の全国大会、コナステで高得点を出した次の日僕はゲーセンに足を運び10クレを埋めてランキングを見るとそこにしゃろさんの名前もありました。この段階で私は全国大会の入賞+しゃろさんよりも上の順位を取ることを目標に全国に打ち込むこととなったのでした。

 

その後もプレー数を重ね、順調にスコアを伸ばし続けた私は木曜日段階で94379まで伸ばせていました。そしてランキングを追ってると今回はいつもよりもボーダーが低くなりそうなのが見えていました。しかし安心できるように96000,少なくとも95000は欲しいと思っていたのでまだプレーを続けました。

f:id:sayayuri:20191231205957j:image

 

 

そして全国大会終了2日前の土曜日。ここで10000超えを2つ出し賢豪をほぼ確定させられました。良かった。本当に良かった。久しぶりに筐体前であんなにガッツポーズしたかもしれない。QMAやっててあんなに嬉しかったのは初めてだったかもしれない。

f:id:sayayuri:20191231210447j:image

この回は24問目のアニ択☆5をミスり全答を逃したという意味では悔しかったですが、そんなの関係ないくらいのハイスコアで本当に嬉しかった。

f:id:sayayuri:20191231210627j:image

ハイスコアを出すためには問題運はもちろんマッチング運もかなり重要(区間賞が取れるかがかなり大きい)なのでそういう意味でもこの2回はとても運がよかったです。

 

そしてこの得点以降もクレ数を積みましたがスコアは更新できませんでした。

 

そして迎えた月曜日。ありがたいことに56位で称号を獲得できました。そしてしゃろさんよりも上の順位を取ることができました(勝手に名前出して言ってるし、あっちは僕のこと全然意識してないと思うけど)。いろいろな意味で報われて目標達成できて本当によかったです。

ただ一つ残念だったのは僕の師匠であり、尊敬するたまもさんが称号取れなかったこと。実力的には僕なんかと比べるまでもないくらいに強いですし、ほぼ夜遅くの強者とマッチしやすい時間が主なプレー時間帯(?)だったと思うのでそういった点でも僕なんかとは称号取る難易度は大違い。こんな雑魚が貰ってるのが本当に分不相応で烏滸がましい気分でいっぱいになってしまいます。次の機会があればまた狙うようなので本気で応援します!!

 

長々と書きましたが、こんな不純な思いを抱えながら今回全国大会は取り組んでました。勝手に名前出してしまい、しゃろさん、そしてたまもさん本当にごめんなさい。こんなとこまで読んでる人いないと思うけどこの気持ちを書き残したかったので良かったです。

 

JTの振り返りとか言いながら殆どが全国大会のお話になってしまいました。すまん。皆さんまた来年(^_^)/~